太盛工業株式会社は金属加工におけるオンリーワン技術によりユーザー様のアイディアを形にします。
日本語English
ホームVA・VE 製品事例 › 適応材料
 

適応材料

下記以外の鋼種・材質にも対応致します。                         素金属の混合粉から開発検討し、新規の合金材料の試作にも対応可能です。 

ステンレス鋼
チタン及びチタン合金
銅及び銅合金
  • Cu
  • 洋白
ニッケル
  • Ni
  • Invar
磁性材料
低合金鋼
  • SCM440
タングステン合金
  • W-Ni
  • W-Cu
  • W-Co
  • W-Ni-Fe
モリブデン合金
  • Mo-Ni
貴金属合金
  • Pd
  • Ag
  • Ir
  • Pt
  • Au

MIMは金属粉末を焼結させることで部品を得ますが、焼結という工程の特性により原料粉末段階での調合による新規合金系の試作など幅広い材料を使用することができます。単純に粉末を変えるだけで製作できるというわけではなく、各材料粉末に応じた各工程の条件適正化が必要ですので、太盛工業では研究開発部門が常に新材料導入に向けた挑戦をしております。是非お問い合わせ下さい

 

ページのトップへ
オーステナイト系ステンレス鋼材
材料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS304L 0.03
以下
1.00
以下
2.00
以下
0.045
以下
0.030
以下
9.00
~13.00
18.00
~20.00
- - - -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) 一般的なステンレス鋼を更に耐食性を向上させたもの、硬度が高くなりすぎないので加工を行いやすいのも特徴。
7.93 200以下 450 以上
用途:食品加工機部品、OA機器部品電子機器部品 等
国外対応規格:AISI-304L  、DIN-X5CrNi18-10(304相当)

材料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS316L 0.08
以下
1.00
以下
2.00
以下
0.045
以下
0.030
以下
10.00
~14.00
16.00
~18.00
2.00
~3.00
- - -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) 304にMoを添加。耐食性を更に向上させ、加工後磁性が少なく、高温強度も優れる。
7.98 200以下 480 以上
用途:医療機器部品、化学機器部品、OA機器部品、電子機器部品 等
国外対応規格:AISI-316L 、DIN-X2CrNiMo17-13-2


料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS310S 0.08
以下
1.50
以下
2.00
以下
0.045
以下
0.030
以下
19.00
~22.00
24.00
~.00
2.00
~3.00
- - -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) ニッケルとクロムの含有量を増やし耐酸化性を向上。耐熱鋼としてよく利用される。※要 固溶体化処理
7.98 200以下 480 以上
用途:エンジン部品、ノズル部品 等
国外対応規格:AISI-310S 、 DIN-X6CrNi25-20

オーステナイト系のステンレスは、冷間加工で硬化し、熱処理を行っても硬化せずに、かわりに軟化します。この組織は、熱処理の状態では磁性はありませんが、冷間加工では少しの磁性を見せます。こうした加工後の磁気などの歪を気にせず最終形状が得られることもMIMの特徴です。

耐食性、加工性、溶接性など他のステンレス鋼材種で最も優れますが、焼入硬化性がない為、強さや硬さの面では他種に劣る部分や欠点もありますが添加元素を調整することで、多種多様なグレードがあり幅広い分野で利用されます。

  • 一般に磁性はありません(非磁性)。
  • 焼入によって硬化しません。
  • 加工硬化が著しいのでMIMによるネットシェイプ加工が生かされます。
  • 低温下でも衝撃値の劣化がないため、低温用材料として有用です。
  • 高温下での耐酸化性、高温強さに優れ、耐熱鋼としても使用できます。

析出硬化系ステンレス鋼材

料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS630 0.07
以下
1.00
以下
1.00
以下
0.040
以下
0.030
以下
3.00
~5.00
15.00
~17.00
- 3.00
~5.00
- Nb
0.15~0.45
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) Cuを添加することで、析出硬化性を持たせたステンレス鋼材で熱処理条件により材料特性が変わります
7.78 ※下表参照 ※下表参照
用途:医療機器部品、シャフト部品、 等
国外対応規格:AISI-S17700

熱処理 硬度 (Hv) 引張強度(N/mm2)
H900 392以上 1310以上
H1025 345以上 1070以上
H1075 310以上 1000以上
H1150 286以上 930以上

Cuを添加することで高硬度化を可能にしたステンレスです。焼入では硬化できないオーステナイト系ステンレス鋼材とは異なり、クロムニッケル系の組成を持っています。固溶化熱処理(S処理)後のH処理温度によって物性が変わります。


フェライト系ステンレス鋼材
材料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS410L 0.03
以下
1.00
以下
1.00
以下
0.040
以下
0.030
以下
   - 11.00
~13.50
- - - -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) 耐高温酸化性に優れたステンレス鋼材で、比較的延展性や溶接性に優れます。
7.75 200以下 360 以上
用途:マフラー部品、加熱部品、ボイラー部品 等
国外対応規格:ISO 4030-410-90-X

フェライト系はNiを含まないステンレス系で、熱処理を行っても硬化せず、フェライト生成元素であるCr、Mo、Siなどが適度に調整されているため高温下でもフェライトのまま存在し、熱膨張係数も他の鋼種より低くなります。
Mo、Ti、Nb, Al, Siなどを添加することで耐食性や耐酸化性を改善でき、熱の変化の大きいボイラーや排熱周りの部品などによく利用されます。また、すべての状態で磁性を持つことも特徴です。

マルテンサイト系ステンレス鋼材

料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS420
J2
0.26
~0.4
1.00
以下
1.00
以下
0.040
以下
0.030
以下
 - 12.00
~14.00
- -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) 熱処理を行うことで、他のステンレス材よりも更に高い硬度が得られます。
7.75 ※247以下 ※540以上
用途:ノズル部品、 バルブ部品、刃物部品 等
国外対応規格:AISI-420 、DIN-X30Cr13
※焼きなまし状態


料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS440C 0.95
~1.2
1.00
以下
1.00
以下
0.040
以下
0.030
以下
0.60
以下
16.00
~18.00
0.75
以下
- - -
材料特性 / 特徴
比重(g/cm3) 硬度(Hv) 引張強さ(N/mm2) SUS420J2よりも更に熱処理後の硬度を高める事が可能です。
7.78 ※248以下 ※540以上
用途:ノズル部品 、ベアリング、歯車 等
国外対応規格:AISI-440C

炭素の含有量が多く、焼入れを行うことが可能で、焼き戻しの調節により幅広い機械的特性を与えることが可能で
幅広い分野で多く利用されていますが、他の鋼種に比べ錆びやすいので取扱に注意も必要です。



ページのトップへ