太盛工業株式会社は金属加工におけるオンリーワン技術によりユーザー様のアイディアを形にします。
日本語English
ホームMIMとは › 超精密MIM

製造工程と用途

他製法との比較

  • 形状の自由度が高い
  • 材料の自由度が大きい
  • 大量生産に適している
  • 寸法精度が高い
イメージ:他製法との比較
  • 機械的強度が高い
  • 多様な後処理が可能
  • 一体化によるコストダウン
  • スプール、ランナー部の再利用による再資源化
イメージ:他製法との比較

当社の特長

  • 設計・企画から試作、量産まで新製品開発をトータルにサポート致します。
  • 小ロットから、100万個 / 月の量産まで対応可能
  • 成形材料~焼結までのプロセスがすべて自社技術
  • 新材料、新素材の開発にも挑戦します。
ページのトップへ

製品サイズ及び寸法精度

    仕様
寸法 長さ <30mm
厚み 0.5~5mm
寸法公差 <5mm ±0.03mm
5~10mm ±0.03mm (実績値)
10~20mm ±0.08mm
20~30mm ±0.15mm
表面粗度 Ra <3μm
Rmax <10μm
重量   <10g

本仕様は製品形状、材質によって変わる場合がございますので、ご相談下さい。
さらに高精度、高表面粗度が必要な場合にもご相談下さい。
また、二次加工、バレル研磨、メッキ、熱処理、アッセンブリー等を行うことも可能です。

ページのトップへ

材料レパートリー

ステンレス鋼
  • SUS304L
  • SUS316L
  • SUS310
  • SUS630
  • SUS410L
  • SUS420J2
  • SUS440C
チタン及びチタン合金
  • Ti
  • Ti-6Al-4V
銅及び銅合金
  • Cu
  • 洋白
ニッケル
  • Ni
磁性材料
  • FE-3%Si
  • SUS410L
  • PBパーマロイ
低合金鋼
  • SCM415
タングステン合金
  • W-Ni
  • W-Ni-Fe
モリブデン合金
  • Mo-Ni

その他耐熱材料、低膨張材料、超硬合金等も検討いたします。
更にCIM(セラミックス粉末射出成形)についても、一部取り扱っておりますので、お問い合わせください。

は試作、開発中の材料です。

ページのトップへ

製品設計のために

エジェクター跡

製品を金型から取り出す為のピン等の跡が残ります。

パーティングライン

金型の分割線の跡で、ほとんどわからない程度です。
金型の構造によりますが、なるべく製品の重要部分に出ないような設計を行います。

ゲート跡

材料を金型に注入するための入り口です。成形後カットしますので、多少の跡が残ります。

アンダーカット

製品を金型から取り出す時に、金型からの離型方向に対して引っかかりがある部分のことです。
スライドコア等を設置することにより対応可能です。又、ホール等の内部にアンダーカットがある場合でも、当社独自の手法により対応可能です。

抜き勾配

金型から製品の取り出しを容易にする為に製品につける勾配のことです。通常は1°程度必要ですが、勾配をつけなくても良い場合も多くあります。

角コーナー

内コーナー、外コーナーには、可能な限りR面、C面を付けます。

ホットランナー

成形金型のシステムとして次の2種類があります。

  スプルランナー 成形サイクル コスト 使い分け
コールドランナー あり 長い 安価 ~約10万個/月の生産に適している。
ホットランナー なし 短い 高価 約10万個~/月の生産に適している。

ホットランナーシステムは、スプルランナーが発生せず、成形サイクルが短いため、1個取りの金型でも4個取りのコールドランナー金型に相当します。
そのため特に高精度を要求する部品で、大量生産が必要な場合は1個取りのホットランナーシステムが適しています。
(多数個取りの場合、金型寸法精度や成形のバラツキが最終寸法精度に影響します。)

ページのトップへ

設備概要

生産設備
  • 混練機 3台
  • 脱脂炉 2台
  • ペレタイザー 1台
  • 焼結炉 6台
  • 焼成炉 1台
  • 射出成形機 14台(MIM用は 7台)
  • 検査設備 その他 8台
  • 押出成形機 1台
検査設備
  • 画像測定器
  • 三次元測定器
  • 密度計
  • 硬度計
  • HCメーター
  • 電子顕微鏡